建築

自分の土地に家を建てる

家

セレブ2世の住居事情

このところ東京の大田区では、注文住宅の受注が増えているといいます。大田区と言えば、田園調布などを含む高級住宅街があり、セレブ層が大勢住んでいることでも有名です。そのような土地であるから、注文住宅を建てようという人が多いのも頷けます。しかし、最近特に注文住宅の受注が多いのは、それなりに訳があります。土地の所有者が代替わりした際に、土地の分割や売却などをして、新たに居住スペースを確保するという事例が増えています。親が住んでいた家や土地の一部を売却し、相続分として残った土地の上に住居を建てるという事情も絡んでいます。大田区内の土地所有者の人も、一頃に比べると、広大な土地を所有する人は少なくなりました。土地所有者の代替わりが、新たな注文住宅のラッシュを呼んでいるのです。

土地所有と緑の関係

大田区では、ここ最近新たな区立の公園が増える傾向にあります。その背景には、相続税の支払いのため、所有者が物納をする事例が増えているためです。もともと住宅が建っていた土地が公園になるので、住宅街の一角が児童公園やハーブ園になっている場所が増えました。このような傾向が続く大田区では、長いこと続いた地価の高騰が一段落した状態にあります。大田区内に土地を取得するには、これからがチャンスと言っても良いでしょう。緑が多い閑静な住宅街にあって、しかも都心へのアクセスも良い場所である大田区は、住みたい場所としても人気があります。この機会に、土地探しと注文住宅をセットで考えてみるのも、賢明な選択の一つと言えます。

Copyright© 2015 おしゃれと機能性を兼ね備えた究極のデザイン注文住宅 All Rights Reserved.